【口コミあり】神奈川で膝痛改善が得意な整体21選(後編)


神奈川にある整体、2,114件の中から、膝痛改善におすすめの整体を前回に引き続きご紹介していきます。

膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
(おすすめの整体は順次追加していきます。)

※調査レポート⇒【整体で膝痛改善レポート】膝以外に原因!?整体師100人アンケート調査





膝痛に対する整体あふりの先生の考え


腰椎・頸椎・膝蓋骨のズレが原因に

整体あふり

小林 大志先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 足のねじれ、腰椎(腰の骨)のゆがみ、腿の筋肉の硬縮(硬くなっている事)、膝蓋骨(膝のお皿のズレ)、首の骨のズレ、ストレスなどが、膝痛の原因です。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 腰椎(腰の骨)調整、頸椎(首の骨)の調整、膝蓋骨(膝のお皿)の調整、腿の筋肉を緩める事をしています。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 膝痛の方は、日常生活で何気ない動作でも膝を床につける動作をしている事が多いです。



床に膝をつける動作を、やらない方が良いです。



Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 日常生活で膝を床に付けないという事を意識して生活してもらう。





膝痛に対する衣笠仲通鍼灸接骨院の先生の考え


筋トレやウォーキングを心がけよう

衣笠仲通鍼灸接骨院

加藤 宏先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. よく言われるような「軟骨がすり減って…」という状態と思われる方もいらっしゃいますが、実際には膝だけが悪いというよりも膝につながる太腿の筋肉の状態であったり、股関節の可動域や足関節のバランスや姿勢不良など、広くとらえないとハッキリしない方が多いです。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 膝だけでなく全体的にバランスや可動域を診ていきます。特に股関節の動きが悪くなっている方が多いので股関節の可動域改善や骨盤のバランスを調えていきます。

全身の緊張を取っていく事も大切なので、自律神経調整の鍼もしていきます。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 痛みが強い時は無理をしない。

しかし、あまりにも動かさないのも良くないので状態に合わせて動かせる範囲で運動していただくようにします。

正座は膝の動きを良くする為に一日一度は、とお勧めしていますが、痛みの強い時には避けた方が良いでしょう。

施術に関しては痛みによってはむやみに局所に強い刺激をすると悪化する恐れがあるので避けます。


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 体重の負荷がかかりやすい関節でもあるので体重が標準より多めの方は体重を減らす。

しっかり体重を支える事が出来るように筋肉が大切なので筋トレやウォーキングなどの運動も痛みが無くなればしっかりやっていく必要があります。




膝痛に対するRinato鍼灸整骨院の先生の考え


砂糖・油物・カフェインの過剰摂取には要注意

Rinato鍼灸整骨院

石水 孝幸先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 一般的には関節の変形・神経障害・筋スパズムというように1つの要因だけでなく色々な要素が考えれると思っています。 



しかし僕が現場で感じるのは、例えば変形性膝関節症のように関節が変形していたとしても痛みがある人とない人がいます。 



そこには全ての原因が1つでないということがいえるのではないでしょうか。 

人体は統合的に形成されています。 



皮膚・筋肉・骨・神経・関節・靭帯というように1つではなく全てが原因になりうるということです。



なので僕たち施術をする人間は色々な勉強を重ね、それを手技で改善させるということができなければいけないと考えています。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 体全体のバランスを見ていきます。 

バランスとは姿勢だけではなく、内臓・体液・姿勢というものを見ます。 



そこからその人にとって原因となっている部分から調整をしていくことになります。 



また膝の痛みを出す人は日常生活が崩れていることが多いので日常生活のアドバイスも合わせて行います。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 痛みを抱えている人にいつも言っているのは、食事です。 



特に砂糖・油物・カフェインを控えるように指示をしています。 



砂糖を控えるだけでも痛みを感じる度合いは確実に減っていきます。 

ご自身で体操やトレーニングをするのも大事ですが、食事を変えることが一番のおすすめです。 


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. やらないほうがいいことと同じですが、予防は正しい食事・充分な睡眠・適度な運動からなります。 



運動は1日20分歩行をするのと簡単なスクワットぐらいで大丈夫です。 



睡眠も疲れがある時は早く寝るということができれば大丈夫です。 



食事については先ほども言いましたが、砂糖・油物・カフェインを極力控えることがとても大切になりますね。 




膝痛に対するひまわり接骨院の先生の考え


運動や体重のコントロールが大切

ひまわり接骨院

新幡 昭男先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 「背骨・骨盤・股関節の柔軟性低下」と「筋力の低下」のより膝に負担がかかるのが原因と考えます。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 手技療法・体操・ストレッチで「背骨・骨盤・股関節の柔軟性を高める」ことと、運動により「膝のトレーニング」、運動できない状態であれば「サーポーターによる保護」を行います。






Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 安静にすること。

膝に対して過度な運動をすること。


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 運動。

体重のコントロール。




膝痛に対するほのか整骨院の先生の考え


原因の80%以上は筋肉の硬さ

ほのか整骨院

石水 孝幸先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 一般的におきる膝の痛みの原因の80%以上は筋肉の硬さが原因になっています。 





関節の変形があったり軟骨がすり減っているなどと言われている方も多いですが、実はそれはあまり関係ないのです。 



当院に来院される方も最初病院で年齢だから仕方がないと言われていましたが筋肉の状態をよくすることによって階段の昇り降りで痛みがなくなったり、正座が出来るようになったり出来るようになっています。 






Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. まずは体のバランスを見ていきます。

姿勢の崩れがおきていると、変に筋肉に負担がかかってしまいます。 



姿勢の崩れの原因のほとんどは内臓の疲労によって起こります。

ですのでまずは内臓に疲労を取り除く整体を行います。

あとは筋肉の状態をよくする調整を加えていきます。 



それによって膝の痛みはほぼ感じなくなるでしょう。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 膝の痛みを抱えている人の特徴は、太ももの裏側の筋肉が硬くなっていることがほとんどです。 



なので太ももの裏側の筋肉に負荷をかけないことが大切なんです。 



では具体的にどんなことは太ももの裏側に負担がかかるのか?

それは筋肉の衰えによるものです。 



なのでウォーキングやランニングなどの負荷を増やしすぎないことです。

その前に筋肉を鍛えていくことが大切になります。 






Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 筋肉の衰えがあってはいけません。

なのでスクワットが特におすすめです。 

1日20回を2セットするだけでもかなり痛みの軽減を

することができます。 



また同時に砂糖の摂取を控えることが大切になります。 

砂糖の摂取が多くなると、肝臓の働きが鈍くなります。

肝臓の働きが悪くなれば、炎症を起こしやすくなります。



それによって痛みが長期間続く体になってしまうのです。 



ぜひトレーニングと砂糖の摂取を控えてください。 






膝痛に対する家族整体院の先生の考え


杖やコルセットの長期利用には注意

家族整体院

重本 洋幸先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 1、運動不足:得意な筋肉ばかり使用して、苦手な筋肉を使用しないため、ガニ股や内股、O脚やX脚など膝に捻れや極端な重心のずれによる負荷がかかることが原因。

2、怪我や病気による変形:下肢に変形があり、バランスが取れず、特定の箇所に負担がかかり、膝に負荷や捻れが加わることが原因。

3、冷えや浮腫み、天候の変化:冷えや気圧によって血流が悪く、筋肉が緊張したり、関節の潤滑油が足りなかったりして、負荷がかかることが原因。

4、ストレス:精神疲労で筋肉が緊張して、片方または両方の下肢に負荷がかかることが原因。くすぐったがりも筋肉の緊張なので、注意。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 1、耳の施術:バランスを整え、赤ちゃんから高齢者まで安全に施術できることが特徴。

2、原因箇所の関節に潤滑油を注入:身体が硬い、高齢だからとあきらめている方が多いが、筋肉には十分な潤滑油があります。その潤滑油を独自の施術方法で膝の動きを滑らかにします。

3、負荷の軽減:運動療法や揉みほぐしなどで、負荷や負担を軽減します。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 杖やコルセットを長期利用すること。道具に依存する精神的負担と筋肉の低下、ひどい場合には背骨が曲がってしまい、歩行困難になる場合もあります。70代、80代の杖をついた方、10名中9名が杖無しで症状が改善しました。


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 痛みが出ない程度に、ぶらぶら動かし、徐々に大きく動かしていく。湯船の中だったり、椅子に座ったり、寝たりして、下肢に負担をかけずに動かすことがおすすめ。痛みがない場合には、筋肉アップのために徐々に歩幅を広げて歩いてもよい。

痛みがある場合には、お医者様に診てもらい。湿布と痛み止めを処方された場合は、整体にお越しください。患部に熱感がある場合には、整体院に事前にご相談ください。




膝痛に対する横浜整体院の先生の考え


背骨のねじれが大きな原因

横浜整体院

藤井 剛史先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 足首や骨盤の影響もありますが、

背骨のねじれの影響が大きいと思います。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 足腰だけでなく、全体のバランスを整えるようにしています。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 痛い動作を我慢してするのは良くないです。


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 姿勢を良く保つ、柔軟性をつけることです。




膝痛に対する横浜ヘルスケア(整体)の先生の考え


症状によって異なる、原因・改善法・予防対策

横浜ヘルスケア(整体)

小川 博史先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. ・オスグッド病、ジャンパー膝に関しては、主につながっている大腿四頭筋の硬さが原因です。

・膝のお皿周りの痛みも大腿四頭筋の硬さや筋力不足が原因です。

・変形性関節症は加齢や使いすぎ、O脚による軟骨の摩耗が原因です。

・膝のまわりの靭帯や、半月板の痛みはケガが原因の事が多いです。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. ・オスグッド病、ジャンパー膝、お皿の周囲の痛みに関しては大腿四頭筋のストレッチや、お皿のまわりの組織のストレッチを行います。

・変形性関節症は軟骨面の動きをよくする運動、自転車こぎ、大腿四頭筋の筋トレ、関節のストレッチ、可動域改善の手技を行います。

・膝のまわりの靭帯や、半月板の痛みはケガが原因の事が多いので、まず回復させることを優先し、必要に応じて可動域改善や筋トレなどを行っていきます。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. ・オスグッド病、ジャンパー膝、お皿の周囲の痛みに関しては痛みが強くなるような運動はおすすめしません。

・変形性関節症は歩きすぎたりすると炎症が強くなって痛みが増すので、翌日以降に引きずるような運動は避けた方が無難です。

・靭帯や、半月板を痛めている人は、回復を妨げるような運動は禁止です。


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. ・オスグッド病、ジャンパー膝、お皿の周囲の痛みに関しては、大腿四頭筋のストレッチ、大腿四頭筋の筋トレなどが有効です。

・変形性関節症は、自転車こぎ、関節のすき間を広げるストレッチ、イスに座って膝をプランプランする体操が有効です。




膝痛に対するPST Fujisawa整体(藤沢ゆらし療法院)の先生の考え


原因は、股関節や足首の固さ

PST Fujisawa整体(藤沢ゆらし療法院)

浜田 直明先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 股関節や足首の固さから、膝のある一定の箇所に負担がかかりそこが緊張して痛みを出していると考えます。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 股関節、大腿四頭筋、内転筋、足首をゆるめ、膝蓋骨周り、膝裏にアプローチして、最後に膝の牽引をかけます。全て優しいタッチで行い緊張をゆるめます。


Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 筋肉を付けようとして筋力トレーニングすること。お医者さんに筋肉を付けなさいと言われジムに通って余計に痛めた方がいます。


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 痛みの出ない範囲で動かすことが必要です。痛いので動かない、外に出ないが一番よくないと思います。あと、股関節をゆるめておくことと正しい姿勢を保つことです。




膝痛に対する長生舘鴨居治療院の先生の考え


中高年の膝痛の原因の9割が変形性膝関節症

長生舘鴨居治療院

宮澤 敏之先生

>>先生の施術を受ける



Q.膝痛の原因をどのようにとらえていますか?


A. 中高年の膝痛の原因の9割が変形性膝関節症といわれています。

膝のクッションの役割をしている軟骨や半月版の磨耗ということですが、50代にもなれば軟骨や半月版の水分も減り硬くもなり磨耗もしているでしょう。

私が気にしているのは、大腿の前面にある筋肉が痩せていて筋力が衰えている事による関節への負担増と

関節が不安定になって事と関節の柔軟性が無くなっているかです。

体重の問題もあります。


Q.膝痛の患者さんに、どのような施術をされていますか?


A. 施術として大腿四頭筋やハムストリングなどの膝周辺の筋肉へのマッサージやストレッチまた全身のバランスをとるため脊椎矯正や骨盤矯正を行い自宅での運動指導をさせていただきます又減量が必要な方にはそちらの指導もさせていただきます。












Q.膝痛の患者さんがやらないほうがいいことはありますか?


A. 痛いからと安静にしすぎないこと又負担のかけ過ぎもよくないです。

同じ姿勢出いる事や冷えにも気を付けたいですね。これくらいの痛みは心配ないだろうと自己判断で放置して悪化させるケースも多いと思います。    


Q.膝痛を予防するための方法はありますか?


A. 適度な運動例えば膝を深く曲げない軽めスクワットや

適度に歩く事、体重のコントロール









神奈川で膝痛改善が得意な整体院(前編)に載っている11人の先生のアドバイスはこちら

>>【口コミあり】神奈川で首こり改善が得意な整体21選(前編)



まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。今回は、神奈川の中で膝痛改善に関するアンケートに答えてくれた整体をご紹介してきました。

膝痛でお困りの方は、ぜひ今回のアンケートの回答を参考に、自分に合った膝痛改善が得意な地域の整体を見つけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事を気に入ったらシェア!

膝痛の関連記事

【口コミあり】宮城で膝痛改善が得意な整体

宮崎にある整体、209件の中から、膝痛改善におすすめの整体をご紹介していきます。膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(おすすめの整体は順次追...

【口コミあり】佐賀で膝痛改善が得意な整体

佐賀にある整体、198件の中から、膝痛改善におすすめの整体をご紹介していきます。膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(おすすめの整体は順次追...

【口コミあり】福井で膝痛改善が得意な整体

福井にある整体、204件の中から、膝痛改善におすすめの整体をご紹介していきます。膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(おすすめの整体は順次追...

【口コミあり】栃木で膝痛改善が得意な整体

栃木にある整体、460件の中から、膝痛改善におすすめの整体をご紹介していきます。膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(おすすめの整体は順次追...

オススメの最新記事

【口コミあり】福岡で首こり改善が得意な整体9選

福岡にある整体、1338件の中から、首こり改善におすすめの整体をご紹介していきます。首こりでお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(おすすめの整体は...

【口コミあり】神奈川で膝痛改善が得意な整体21選(後編)

神奈川にある整体、2,114件の中から、膝痛改善におすすめの整体を前回に引き続きご紹介していきます。膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(お...

【口コミあり】東京で首こり改善が得意な整体37選(後編)

東京にある整体、4488件の中から、首こり改善におすすめの整体を前編、中編に引き続きご紹介していきます。首こりでお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね...

【口コミあり】熊本で首こり改善が得意な整体

熊本にある整体、507件の中から、膝痛改善におすすめの整体をご紹介していきます。膝痛でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(おすすめの整体は順次追...

この記事と同じカテゴリの相談

膝を伸ばすと痛いです。何が原因でしょうか?

1週間くらい前から、左の膝を伸ばすと痛みがあります。膝を曲げている時には痛みがありません。いろいろ調べたのですが、原因がわからないのでお聞きしたいです。 いま53歳(男)で...

2016/12/20

回答11件

しゃがむと膝が痛いです。原因と対処法を教えてください!

48歳の男です。最近、しゃがむと膝が痛いのです。歳なのか、何か原因があって膝が痛いのか知りたいと思っています。病院に行くほどではないのですが、日常生活や仕事などでしゃがむときに...

2016/11/29

回答17件

膝を伸ばすと痛い

20代女性です。 ここ数日膝を伸ばすと痛いです。50代の母も同じようなことを言っています。(母は結構前からよくなるみたいです。) 原因とか改善する方法とかなにかあれば教えてくださ...

2016/11/17

回答15件

良い歩き方は?かかと着地かつま先着地

かかと着地よりつま先着地のほうが歩きやすく感じています。 かかと着地で大股で歩こうとすると、腰をひねるようにして足を前に出す感覚で、踵と膝にドンと衝撃がきます。ひるがえって...

2016/09/14

回答14件

膝の内側の痛みの原因ってなんですか

膝の内側の痛みの原因はなんでしょうか?ランニングが趣味なのですが、走っていると膝の内側に痛みが走ります(最初は痛みがないのですが、走っているうちに徐々に膝の内側に痛みが出てき...

2016/07/26

回答14件

ログイン

登録すると何ができるの?

ログイン

今すぐ無料登録しよう!

新規登録はコチラ

カテゴリ

施術の種類

からだの部位

サービスの特徴

気分から探す

口コミ

口コミ一覧

美容トレーニング受けて来ました!大阪ではまだ珍しい美容トレーニング。専門店だけあって凄く理論的で楽しくトレーニングを受け … 続きを読む

頸椎のヘルニアで痛み止めの薬を毎日飲むことに不安を感じていました。運動も制限されて肩こりがひどく、とてもつらい日々でした … 続きを読む

妊娠中に初めて腰痛になり、出産してから更に悪化、お尻から、ふくらはぎまで痛くなり、これは骨盤が開いているのが原因だと思い … 続きを読む

出産して体系が変わってしまいとても悲しくなりました・・・3人目だったのですが、2人目まではよかったのですが三人目の出産後 … 続きを読む

上本町で矯正専門なので行きました!先生たちはお若い方ばかりでしたが治療は、しっかりと見てくれました!驚きは同じマンション … 続きを読む

色々なサイトを見るとどこのサイトもボニート整骨院が評判いいのを発見しました!これでボニート整骨院を予約を決めいざ予約!っ … 続きを読む

クーポン情報を探す
掲載店舗募集中

サイトニュース

2016.8.26
ヘルモアが「日経産業新聞」にて紹介されました!
2016.7.6
「みんなの健康相談」のベータ版を公開しました。
2016.7.1
投稿された「口コミ件数」が1万5千件を突破しました!
2016.2.25
主婦の友社の運営するサイト「暮らしニスタ」にて、ヘルモアの公式アカウントが公開されました。
2016.1.20
口コミ評価のアルゴリズムを改善させていただき、よりユーザーの評価が正しく反映されるようになりました。
2016.1.13
投稿された「口コミ件数」が1万件を突破しました!
2015.7.23
口コミ評価のアルゴリズムをよりユーザーの評価が反映されるものに改善させていただきました。
2015.7.13
コラムをリニューアル!カテゴリ別に記事を見られるようになりました。
2015.4.7
施術のカテゴリを再編集。より使いやすくリニューアルしました。
2015.1.9
整体・マッサージの口コミサイト「ヘルモア」、β版を公開しました。
2014.11.23
整体・マッサージの口コミサイト「ヘルモア」、α版を公開しました。
店舗用画面
暮らしニスタ